年末調整の用紙|配布方法と記入項目のカンタン説明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

年末調整の用紙|配布方法と記入項目のカンタン説明

会社員等の給与所得者には、毎年年末になると年末調整の用紙が配布されます。そして、必要事項を記入して勤務先に提出しなければなりません。

毎年記入していても、「ここどうするんだっけ?」と疑問に思うこともよくあります。ましてや、はじめての人なら、用紙を見てもどう記入したらよいかよくわからないのではないでしょうか? 

そんなわかりにくい年末調整の用紙について、その種類ごとに、どのような意味があって提出するのか? そしてどの項目に記入していけばよいのかをわかりやすく解説します。年末調整の用紙を書くときの参考として、ぜひお役立てください。

1.年末調整の用紙は基本2種類!

毎年、11月~12月ころになると勤務先から年末調整の用紙が配られます。この年末調整の用紙は、基本的に2種類あります。もし勤務先から3枚渡されたた場合は、扶養控除等の申告書について、すでに提出済みの今年の分(確認用)と来年の分であることが多いと思われます。

なお、住宅ローン減税を受ける人(2年目以降)は、基本の2種類の用紙に加え、住宅ローン減税の申告のための書類が必要となります。

1-1.給与所得者の扶養控除等の(異動)申告

年末調整の用紙一つ目は、「○年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」という用紙です。

所得税や住民税には、扶養控除といって、収入を得ている人が家族を扶養していると、その扶養家族に応じて税金が安くなる制度があります。給与所得者の扶養控除等(異動)申告書は、その扶養家族について申告するための用紙です。扶養家族がいない人でも提出は必要です。

■給与所得者の扶養控除等(異動)申告書 ※サンプル画像

給与所得者の扶養控除等(異動)申告書

1-2.給与所得者の保険料控除及び配偶者特別控除の申告

年末調整の用紙のもう一枚は、「○年分 給与所得者の保険料控除申請書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書」という用紙です。この用紙は2つの申告を兼ねています。

一つは保険料控除(生命・地震・社会保険料等)です。所得税や住民税には保険料控除があり、収入を得ている人が生命保険や地震保険の保険料や社会保険の保険料を支払っていると、その支払保険料の金額に応じて税金が安くなります。その支払保険料について申告するための用紙です。

もう一つは配偶者特別控除です。扶養控除の用紙の方に配偶者控除がありますが、配偶者に38万円(*)を超える所得がある場合は配偶者控除を受けることはできません。ただし、38万円を少しでも超えたら控除がなくなるというわけではなく、配偶者特別控除といって、所得の増加に応じて少しずつ控除額が下がってはいきますが、所得が76万円に達するまでは所得控除を受けることができます。その配偶者の所得について申告するための用紙です。

(*)この38万円は収入金額から各種控除を引いた課税所得のことです。パートやアルバイトなどの収入額でいうと103万円にあたります。いわゆる103万円の壁というのはこのことを指します。

■給与所得者の保険料控除申請書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書 ※サンプル画像

給与所得者の保険料控除申請書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書

2.年末調整の用紙の配布

それでは、これらの年末調整の用紙はどうやって入手するのでしょうか?

2-1.会社員等は会社から

年末調整の対象となる会社員等の給与所得者は、基本的に勤務先から用紙が配布されます。個人で準備する必要はありません。

2-2.会社は税務署から

会社の総務や人事の担当者で、従業員の年末調整用紙を用意する場合は税務署から配布を受けます。詳しくは管轄の税務署にお問い合わせください。

2-3.国税庁のサイトからダウンロードできる

年末調整の用紙は、国税庁のサイトにもPDFファイルが掲載されています。その用紙をダウンロードして印刷し、使用することもできます。

給与所得者の扶養控除等の(異動)申告 (国税庁サイト)
給与所得者の保険料控除及び配偶者特別控除の申告 (国税庁サイト)

2-4.用紙を無くしたら?

もし勤務先から配布された年末調整の用紙をなくしてしまったら、基本的には会社の担当部署に言って再度もらうとよいでしょう。1-3のように国税庁のサイトから入手することも可能ですが、会社によっては独自のフォーマットである場合もありますので、その場合は会社のフォーマットに則った方がよいからです。

3.年末調整の用紙の書き方の概要

年末調整の用紙の各項目について、そんな人がどのように記入するかの概要を説明します。

3-1.給与所得者の扶養控除等の(異動)申告 の概要

扶養控除等の書き方は、以下のような手順で行います。

3-1-1.本人の氏名・住所等の記入

上段部に本人の氏名、生年月日、マイナンバー、住所等を記入して押印します。会社についての情報は、通常は会社側で記入しますので個人では記入不要の場合がほとんどです。
独身者などで扶養家族が1人もいない場合は、ここの記入のみで終了です。

3-1-2.本人が扶養する家族の記入

「主たる給与から控除を受ける」とある欄に、年末調整の申告者本人が扶養する家族の氏名、マイナンバー、生年月日等事項を記入します。配偶者/扶養親族(16歳以上)/障害者・寡婦・寡夫・勤労学生と欄が別れています。

配偶者、扶養親族の控除については、所得が38万円以内である家族について記入します。

障害者、寡婦、寡夫、勤労学生に該当する家族がいる場合は、必要事項を記入します。

3-1-3.家族内の他の所得者が扶養する家族の記入

「他の所得者が控除を受ける扶養親族等」の欄に、家族内の他の所得者が扶養する家族の氏名等を記入します。

例えば、夫婦共働きで、長男は夫の扶養、次男は妻の扶養に入れるような場合に、本人ではなく配偶者の扶養に入る家族をここに記入します。

3-1-3.16歳未満の扶養家族を記入

「16歳未満の扶養親族」の欄に、16歳未満の扶養家族の氏名等を記入します。

3-2.給与所得者の保険料控除及び配偶者特別控除の申告の概要

保険料控除および配偶者特別控除の書き方は、以下のように手順で行います。

3-2-1.本人の氏名住所の記入

上段部に本人の氏名住所を記入して押印します。会社についての情報は、通常は会社側で記入しますので個人では記入不要の場合がほとんどです。
保険料控除や配偶者特別控除がない人は、ここの記入のみで終了です。

3-2-2.生命保険料控除の記入

「生命保険料控除」の欄に、控除対象となる保険の契約内容や保険料を記入し、用紙の指示にしたがって生命保険料控除額を計算します。

生命保険や医療保険、特定の条件に該当する個人年金保険など、控除対象の保険に加入していると、生命保険会社から事前に保険料控除証明書が送られてくるので、証明書を見ながら記入し、証明書も添付して提出します。

3-2-3.地震保険料控除の記入

「地震保険料控除」の欄に、地震保険の契約内容や保険料を記入します。また、旧長期損害保険料控除の対象となる損害保険がある場合は、この地震保険料控除の欄に記入します。

3-2-4.社会保険料控除の記入

「社会保険料控除」の欄に、本人が加入していて給料から天引きされている社会保険料(健康保険料や厚生年金保険料など)以外で、例えば家族の社会保険料などを負担している場合に、その保険料の支払内容について記入します。

3-2-5.小規模企業共済等掛金控除の記入

「小規模企業共済等掛金控除」の欄に、該当する共済等の掛金の支払額を記入します。一般的な会社員で、この欄に関係するのは、主に個人型確定拠出年金の掛金を支払っているケースなどが考えられます。

4.まとめ:年末調整の用紙は会社から配布される2種類をもれなく提出!

年末調整の用紙は、「○年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」と「○年分 給与所得者の保険料控除申請書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書」の2種類です。どちらも年末調整の時期になると、勤務先から配布されます。個人としての準備は不要ですが、保険料控除証明書等、添付が必要な書類については、該当者本人が揃えておく必要があります。

また、この2種類の用紙は、たとえ該当する控除がない場合でも提出が必要なので、期限内に会社の担当者に提出するようにしましょう。

※記事内容の利用・実施に関しては、ご自身の責任のもとご判断ください。
※掲載している情報は、記事公開時点での商品・法令・税制等に基づいて作成したものであり、将来、商品内容や法令、税制等が変更される可能性があります。また個別の保険商品の内容については各商品の約款等をご確認ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

保険の加入・見直しを無料でサポートします!

■どんな保険を選べばよい?
■保険の保障内容がよくわからない
■信頼できる専門家に相談したい(電話・対面)
■複数の保険商品を比べて資料請求したい

LIFULL(ライフル)保険比較では、お客様のご希望にあったサービスをご用意しています。
  ↓  ↓  ↓

お電話でのお問合わせ・ご相談 0120-992-001 お電話の受付は平日9:00~19:00、WEBでは24時間受け付けております。


無料相談サービスの特徴はこちら

Twitter・RSSでも購読できます

お電話の受付時間|平日10:00~19:00 0120-992-005