保険のプロに電話でご相談(無料)0120-992-001 保険のプロに電話でご相談(無料)0120-992-002 保険のプロに電話でご相談(無料)0120-992-003 保険のプロに電話でご相談(無料)0120-992-004 保険のプロに電話でご相談(無料)0120-992-005 保険のプロに電話でご相談(無料)0120-992-005 保険のプロに電話でご相談(無料)0120-092-899 保険のプロに電話でご相談(無料)0120-092-899

介護保険の比較・見直し

高齢化が進むにつれて介護が必要な人の割合が増えてきています。公的な介護保険がありますが、介護サービスの利用には自己負担が必要で支給限度額もあります。一定の介護費用を自分で用意しておけるとよいでしょう

保険を探す

保険種別
年齢
性別
商品プランを比較

保険のプロに電話でご相談

0120-992-001

0120-992-002

0120-992-003

0120-992-004

0120-992-005

0120-992-005

0120-092-899

0120-092-899

通話無料/受付時間:10:00~19:00(平日)

日本全国のFPに相談が可能!保険相談をネット予約

介護保険、こんなときはこの保険を使う

介護が必要な状態になったとき、介護サービスを受けるには自己負担も必要となります。介護による人的・金銭的な負担を支えるための保険が介護保険です。

加入目的 保険種別 基本補償
介護費用の貯蓄 介護保険
一定の介護が必要な状態になったときの介護費用を保障する保険です。商品により、まとまった一時金が受け取れるもの、一定期間年金を受け取れるもの、両方を受け取れるものなどがあります。
  • 自分の療養費用

介護費用の貯蓄

介護保険

一定の介護が必要な状態になったときの介護費用を保障する保険です。商品により、まとまった一時金が受け取れるもの、一定期間年金を受け取れるもの、両方を受け取れるものなどがあります。
  • 自分の療養費用
貯蓄機能
3.0
遺族の生活費用
評価対象外
自分の療養費用
4.0
葬儀費用
評価対象外
相続資金
評価対象外
積極運用
評価対象外
保険料の手軽さ
3.0
保障期間の長さ
5.0
この保険の詳細を見る

基本的な介護保険の違い

各保険の特徴・役割・評価についてわかりやすくご案内します。

保険種別 介護費用の貯蓄
介護保険




貯蓄機能 3.0
遺族の生活費用 評価対象外
自分の療養費用 4
葬儀費用 評価対象外
相続資金 評価対象外
積極運用 評価対象外
保険料の手軽さ 3.0
保障期間の長さ 5.0

保険を探す

保険種別
年齢
性別
商品プランを比較

保険のプロに電話でご相談

0120-992-001

0120-992-002

0120-992-003

0120-992-004

0120-992-005

0120-992-005

0120-092-899

0120-092-899

通話無料/受付時間:10:00~19:00(平日)

日本全国のFPに相談が可能!保険相談をネット予約

介護保険には、国が整備する公的介護保険と、民間の保険会社で加入できる民間の介護保険があります。公的介護保険と民間の介護保険の両方に加入することで、将来的な介護の不安を解消できる保障が受けられるようになるのです。

介護保険とは

介護保険制度は、平成12年4月から始まった国の制度で、40歳以上で、介護を必要とする状態であることが認定された人が介護サービスを受けることができます。この公的介護保険に、民間の介護保険をプラスすることで、さらに手厚い保障を得ることができます。そのことによって、介護が必要になった際に安心して介護サービスを受けることができるようになるのです。民間の介護保険には、生命保険と同じように様々なプランがありますので、必要な保険を選ぶようにしましょう。

民間の介護保険

民間の介護保険は、公的介護保険とは別に加入する保険です。公的介護保険にプラスして加入することで、公的介護保険の保障だけではカバーできなかった介護費用を補うことができるようになります。民間の介護保険は、加入するプランや保険会社によって保障される内容や保険料も大きく変わりますので、加入する際には十分に内容を確認することが大切です。

民間の介護保険は給付金の支払要件に注意しよう

民間の介護保険に加入した際には、給付金の支払要件に注意しましょう。民間の介護保険の支払い要件には大きく分けて2つのタイプがあります。

1つは公的介護保険の要介護基準と連動しているものです。このタイプの民間の介護保険は、公的介護保険の要介護認定を受けないと保険の保障が受け取れません。さらに公的介護保険制度が変更された場合に、それと連動して支払要件が変わる可能性もあります。

民間の介護保険の支払要件のもう1つは、保険会社が独自に支払要件を定めているタイプのものです。このタイプの場合、公的介護保険の基準とは関係なく、保険会社が定めた基準を満たすと介護保険の保障が受けられます。保険会社が定める支払要件には幾つか条件がございます。それは、服の脱ぎ着に介護が必要になった場合、入浴に他人の助けが必要になった場合、食事に介助が必要になった場合などです。このタイプの支払要件は保険会社によって異なり、中には公的介護保険よりも保障を受けるための条件が厳しいものもあるので注意しましょう。

ライフステージから保険を探す

保険の種類から探す

介護保険|保険の比較・見直しならLIFULL保険比較。

保険の見直し・加入相談だけでなく、保険の基礎知識や家計診断・ライフプラン設計など気軽にご相談ください。保険の選び方やライフイベントも確認して、理想の保険を見つけましょう。