保険のプロに電話でご相談(無料)0120-992-001 保険のプロに電話でご相談(無料)0120-992-002 保険のプロに電話でご相談(無料)0120-992-003 保険のプロに電話でご相談(無料)0120-992-004 保険のプロに電話でご相談(無料)0120-992-005 保険のプロに電話でご相談(無料)0120-992-005

全部保険と一部保険の違い

いざ事故が発生したときの保険金支払い。
補償範囲に該当するし、保険金額内に収まっている損害だと思っていても、保険金が満額下りないケースもあります。
ではどういったケースがそこに該当するのでしょうか?

保険金額の設定には、「全部保険」「一部保険」「超過保険」という言葉があります。
ベストな設定は「全部保険」です。
その他の保険金額の設定が、実際の保険金支払いにどのような影響を与えるのか、順にご紹介していきたいと思います。

全部保険になるように保険金額を設定

冒頭に上がりました「全部保険」「一部保険」「超過保険」についてご説明いたします。

全部保険
・「保険金額=保険価額」で加入することをいいます。
この全部保険での火災保険の加入が適正な契約となりますので、万が一の事故の際も保険金は契約内容通り受給することができます。

一部保険
・「保険金額<保険価額」で加入することをいいます。
この場合が火災保険でよろしくない契約といえる内容です。本来掛けるべき 保険価額に対して一部しか加入していないことになりますので、事故時の保険金お支払い時には比例填補方式(比例払方式)が適用されます。

超過保険
・「保険金額>保険価額」で加入することをいいます。
保険価額を上回る保険金額の設定では、保険価額を超える超過部分が無効となりますので、事故時の保険金お支払いは全部保険のときと同じとなります。
結果、超過保険はただ無駄な保険料を保険会社に支払うこととなります。

ということは、保険金額の設定は「全部保険」が望ましいということになりますね。
ただ全部保険で設定するためには、正しい保険価額建物価額)を知らないと設定できませんのでご注意いただきますようお願いします。

比例填補方式とは

保険金額の設定で損をする「一部保険」と「超過保険」。

超過保険」は、単純に多く掛けた保険料が無駄になるということですが、「一部保険」で保険金額を設定したときに適用される「比例填補方式(比例払方式)」・・これは実際にどういうことになるのでしょうか?

比例填補方式(比例払方式)
比例填補方式(比例払方式)とは、保険会社が限度額の範囲内で、実際の損害額に対して契約時に定めた割合の金額を保険金として支払うものをいいます。

具体的な例を上げましょう!

例えば、保険価額1,000万円の建物に対して500万円の火災保険に加入している場合。
補償は50%分しかつけていないことになります。このケースでは、建物が1,000万円の損害を受けた場合でも、保険金は500万円しか支払われないことになります。

保険の掛け損にならないよう、保険料だけに目を奪われず保険金額もしっかり設定しておきましょう!

\ 保険料など詳しい情報をチェック! /

火災保険の一括見積もり

下記リンクより先はサービス提供会社の株式会社カカクコム・インシュアランスのサイトとなります。

お役立ちコンテンツ

ライフステージから保険を探す

保険の種類から探す