保険のプロに電話でご相談(無料)0120-992-001 保険のプロに電話でご相談(無料)0120-992-002 保険のプロに電話でご相談(無料)0120-992-003 保険のプロに電話でご相談(無料)0120-992-004 保険のプロに電話でご相談(無料)0120-992-005 保険のプロに電話でご相談(無料)0120-992-005 保険のプロに電話でご相談(無料)0120-092-899 保険のプロに電話でご相談(無料)0120-092-899

就業不能保険の比較・見直し

もし病気やケガで長期間働くことができなくなった場合、医療費は医療保険で保障されますが、働けず収入が途絶えると生活費に困ってしまいます。このような長期間働けないときの生活費に備えるられるのが就業不能保険です。

保険を探す

保険種別
年齢
性別
商品プランを比較

保険のプロに電話でご相談

0120-992-001

0120-992-002

0120-992-003

0120-992-004

0120-992-005

0120-992-005

0120-092-899

0120-092-899

通話無料/受付時間:10:00~19:00(平日)

日本全国のFPに相談が可能!保険相談をネット予約

就業不能保険、こんなときはこの保険を使う

病気やケガで働くことができなくなった場合に備えられる保険です。就業不能時の生活費をどうするかということを冷静に考えてご検討ください。

加入目的 保険種別 基本補償
働けないときの生活費 就業不能保険
病気やケガなどにより長期間働けない状態が続き、収入が減ったり途絶えたりすることに備える保険です。受け取れる保険金額の上限は、通常の給料の一定割合までと決まっています。
  • 自分の療養費用

働けないときの生活費

就業不能保険

病気やケガなどにより長期間働けない状態が続き、収入が減ったり途絶えたりすることに備える保険です。受け取れる保険金額の上限は、通常の給料の一定割合までと決まっています。
  • 自分の療養費用
貯蓄機能
評価対象外
遺族の生活費用
評価対象外
自分の療養費用
3.5
葬儀費用
評価対象外
相続資金
評価対象外
積極運用
評価対象外
保険料の手軽さ
4.0
保障期間の長さ
3.0
この保険の詳細を見る

基本的な就業不能保険の違い

各保険の特徴・役割・評価についてわかりやすくご案内します。

保険種別 働けないときの生活費
就業不能保険




貯蓄機能 評価対象外
遺族の生活費用 評価対象外
自分の療養費用 3.5
葬儀費用 評価対象外
相続資金 評価対象外
積極運用 評価対象外
保険料の手軽さ 4.0
保障期間の長さ 3.0

保険を探す

保険種別
年齢
性別
商品プランを比較

保険のプロに電話でご相談

0120-992-001

0120-992-002

0120-992-003

0120-992-004

0120-992-005

0120-992-005

0120-092-899

0120-092-899

通話無料/受付時間:10:00~19:00(平日)

日本全国のFPに相談が可能!保険相談をネット予約

就業不能保険は、病気やケガで働けない状態が続いた際に、収入面での保障が受けられるものです。病気やケガによって収入が大きく減ってしまうと、日々の生活費や教育費などに困ってしまいます。就業不能保険に加入しておくことで、万が一の場合の生活に備えることができます。

就業不能保険とは

就業不能保険とは、病気やケガで長期的に働けなくなった人の生活費を保障する保険です。入院や治療が長引くとその分医療費がかかります。また、働けない期間、収入は減少し、失業する可能性も考えられます。また、病気やケガによって介護が必要なる場合、介護費用もかかってきます。そのような場合に備えて就業不能保険に加入しておけば、安心して日々の生活を送ることができるようになるのです。

就業不能保険を選ぶポイント

就業不能保険を選ぶポイントとしては、保険の内容をしっかり確認しておくことです。就業不能保険の多くは、保険金の受け取りができるようになるまでに一定の免責期間を設けています。免責期間とは、被保険者が働けなくなってから保険金が支給されるまでの、定められた期間のことを指します。免責期間中は保険金を受け取ることができません。また、病気やケガではなく、死亡してしまった場合の保障を含む保険とそうでないものがあります。保険によって免責期間や死亡保障の有無が異なるので、加入前によく確認しておきましょう。

もう1つのポイントが、公的医療保険や年金制度によって受け取れる保障との兼ね合いを考えることです。就業不能保険は、基本的に公的医療保険や年金制度による保障で足りない生活費を補う形で利用します。公的医療保険と年金に加入していれば、病気やケガで働けなくなったときも、傷病手当金と障害年金を受け取ることができます。就業不能保険に加入する際は、自分が傷病手当や障害年金をいくらもらえるのかを把握しておくことで、最低限の保険料で必要な保障を確保することができます。公的な傷病手当や障害年金以外にも貯蓄や自分以外の家族の給料などを合わせた収入面考慮して、必要に見合う就業不能保険を選びましょう。

就業不能保険に加入するメリットがある人

就業不能保険は、家族がいる人や住宅ローンの支払いがある人に特にメリットがある保険です。病気やケガで働けなくなり、収入が大きく減ってしまった場合、家族の生活に支障が出るほか、住宅ローンの支払いが停滞してマイホームを失うリスクもあるからです。就業不能保障に加入しておくことで、公的な傷病手当や障害年金だけではカバーできない保障を受けられますので1度検討してみてはいかがでしょうか。

ライフステージから保険を探す

保険の種類から探す

就業不能保険|保険の比較・見直しならLIFULL保険比較。

保険の見直し・加入相談だけでなく、保険の基礎知識や家計診断・ライフプラン設計など気軽にご相談ください。保険の選び方やライフイベントも確認して、理想の保険を見つけましょう。