保険のプロに電話でご相談(無料)0120-992-001 保険のプロに電話でご相談(無料)0120-992-002 保険のプロに電話でご相談(無料)0120-992-003 保険のプロに電話でご相談(無料)0120-992-004 保険のプロに電話でご相談(無料)0120-992-005 保険のプロに電話でご相談(無料)0120-992-005 保険のプロに電話でご相談(無料)0120-092-899 保険のプロに電話でご相談(無料)0120-092-899

法人保険の比較・見直し

経営者に万一のことがあった場合でも安定的に事業を継続するための保障、経営者勇退時の退職金の準備、従業員の福利厚生などに保険を利用できます。また加入する保険や契約内容によっては、保険料の一定額が損金になります。

保険種別
年齢
性別
商品プランを比較

法人保険、こんなときはこの保険を使う

生命保険は、法人の様々なリスクや資金需要に備えることもできます。将来の事業リスクや経営者が勇退するときの退職金の準備など、目的にあわせてご活用ください!

加入目的 保険種別 基本補償
事業資金&役員退職金 長期平準定期保険
保険期間が長期の定期保険です。経営者に万一のことがあった場合の事業資金を確保できます。また経過期間に応じた解約返戻金があるため、契約者貸付で一時的な資金を確保したり、解約返戻金を活用して役員退職金を準備することもできます。保険料は条件により一定割合が損金になります。
  • 貯蓄機能
逓増定期保険
保険金額が保険期間の経過とともに段階的に増えていく定期保険で、解約返戻金があります。経営者に万一のことがあった場合の事業資金や将来の役員退職金を確保するために活用できます。
  • 貯蓄機能
終身がん保険
一生涯のがん保障がある保険です。経営者が万一がんになってしまったときの治療費や事業資金を確保することができます。また解約返戻金があるため、役員退職金の積み立てにも利用できます。
  • 貯蓄機能
事業資金 平準定期保険
一般的な定期保険です。割安な保険料で高額な死亡保障を得られるため、経営者に万一のことがあった場合の事業資金を確保することができます。保険料は全額損金に算入できます。
  • 保険料の手軽さ
収入保障保険
保険金を年金形式で受け取れる定期保険です。経営者に万一のことがあった場合の事業資金を事業年度毎に分けて受け取れます。一度に多額の保険金が入って法人税がかかることを防ぐことができます。
  • 保険料の手軽さ
福利厚生 養老保険
一般的な養老保険です。死亡保険金を従業員の遺族が受け取り、満期保険金を法人が受け取る形にした契約で、従業員の弔慰金や退職金を積み立てられます。この場合は保険料の1/2が損金になります。
  • 貯蓄機能
  • 遺族の生活費用

事業資金&役員退職金

長期平準定期保険

保険期間が長期の定期保険です。経営者に万一のことがあった場合の事業資金を確保できます。また経過期間に応じた解約返戻金があるため、契約者貸付で一時的な資金を確保したり、解約返戻金を活用して役員退職金を準備することもできます。保険料は条件により一定割合が損金になります。
  • 貯蓄機能
貯蓄機能
4.0
遺族の生活費用
3.5
自分の療養費用
評価対象外
葬儀費用
3.5
相続資金
評価対象外
積極運用
評価対象外
保険料の手軽さ
1.0
保障期間の長さ
4.0
この保険の詳細を見る

逓増定期保険

保険金額が保険期間の経過とともに段階的に増えていく定期保険で、解約返戻金があります。経営者に万一のことがあった場合の事業資金や将来の役員退職金を確保するために活用できます。
  • 貯蓄機能
貯蓄機能
4.5
遺族の生活費用
3.0
自分の療養費用
評価対象外
葬儀費用
2.0
相続資金
評価対象外
積極運用
評価対象外
保険料の手軽さ
1.0
保障期間の長さ
3.5
この保険の詳細を見る

終身がん保険

一生涯のがん保障がある保険です。経営者が万一がんになってしまったときの治療費や事業資金を確保することができます。また解約返戻金があるため、役員退職金の積み立てにも利用できます。
  • 貯蓄機能
貯蓄機能
3.0
遺族の生活費用
2.0
自分の療養費用
3.0
葬儀費用
4.0
相続資金
評価対象外
積極運用
評価対象外
保険料の手軽さ
1.0
保障期間の長さ
5.0
この保険の詳細を見る

事業資金

平準定期保険

一般的な定期保険です。割安な保険料で高額な死亡保障を得られるため、経営者に万一のことがあった場合の事業資金を確保することができます。保険料は全額損金に算入できます。
  • 保険料の手軽さ
貯蓄機能
評価対象外
遺族の生活費用
4.5
自分の療養費用
評価対象外
葬儀費用
2.0
相続資金
評価対象外
積極運用
評価対象外
保険料の手軽さ
3.0
保障期間の長さ
3.0
この保険の詳細を見る

収入保障保険

保険金を年金形式で受け取れる定期保険です。経営者に万一のことがあった場合の事業資金を事業年度毎に分けて受け取れます。一度に多額の保険金が入って法人税がかかることを防ぐことができます。
  • 保険料の手軽さ
貯蓄機能
評価対象外
遺族の生活費用
5.0
自分の療養費用
評価対象外
葬儀費用
1.0
相続資金
評価対象外
積極運用
評価対象外
保険料の手軽さ
1.0
保障期間の長さ
2.0
この保険の詳細を見る

福利厚生

養老保険

一般的な養老保険です。死亡保険金を従業員の遺族が受け取り、満期保険金を法人が受け取る形にした契約で、従業員の弔慰金や退職金を積み立てられます。この場合は保険料の1/2が損金になります。
  • 貯蓄機能
  • 遺族の生活費用
貯蓄機能
5.0
遺族の生活費用
2.5
自分の療養費用
評価対象外
葬儀費用
2.0
相続資金
評価対象外
積極運用
評価対象外
保険料の手軽さ
1.0
保障期間の長さ
4.0
この保険の詳細を見る

基本的な法人保険の違い

各保険の特徴・役割・評価についてわかりやすくご案内します。

保険種別 事業資金&役員退職金
長期平準定期保険 逓増定期保険 終身がん保険




貯蓄機能 4.0 4.5 3.0
遺族の生活費用 3.5 3.0 2.0
自分の療養費用 評価対象外 評価対象外 3.0
葬儀費用 3.5 2.0 4.0
相続資金 評価対象外 評価対象外 評価対象外
積極運用 評価対象外 評価対象外 評価対象外
保険料の手軽さ 1.0 1.0 1.0
保障期間の長さ 4.0 3.5 5.0
保険種別 事業資金 福利厚生
平準定期保険 収入保障保険 養老保険




貯蓄機能 評価対象外 評価対象外 5.0
遺族の生活費用 4.5 5.0 2.5
自分の療養費用 評価対象外 評価対象外 評価対象外
葬儀費用 2.0 1.0 2.0
相続資金 評価対象外 評価対象外 評価対象外
積極運用 評価対象外 評価対象外 評価対象外
保険料の手軽さ 3.0 1.0 1.0
保障期間の長さ 3.0 2.0 4.0
保険種別
年齢
性別
商品プランを比較

法人保険は、企業が利用する生命保険です。保険の種類や保険に加入する目的によって、活用方法は様々なので、将来の会社経営を見据えた上で、会社に合う保険を選ぶようにしましょう。

法人保険とは

法人保険は、会社の経営にも従業員のためにも役立つ保険です。解約時に受け取ることができる返戻金を会社の経営に役立てたり、設備投資のために利用したりできます。その他にも、経営者をはじめとした会社役員の退職金の確保や、従業員の福利厚生としても利用できるのです。

経営者が亡くなった際の会社への負担を減らす

法人保険は、経営者が亡くなった際、会社に対してかかってくる負担に備えることができます。会社の経営者が亡くなった際に受け取れる保険金によって、次期経営者が決まるまでの間や、次期経営者が決まってから、経営が軌道に乗るまでに必要な資金を確保することができます。

予期せぬ経営危機に法人保険で備える

法人保険に加入する際に、解約返戻金のあるものを選べば、予期せぬ経営危機に対応することができます。解約返戻金とは、保険を解約した際に戻ってくるお金のことです。保険によって返戻金の割合は異なりますが、解約返戻金のある保険に加入しておけば、払い込んだ保険料の一部やそのほとんどを解約時に受け取ることができます。そのため解約返戻金のある法人保険は、貯蓄目的で利用されることがあります。万が一経営が思うようにいかなかった年があっても、保険を解約して得た返戻金で赤字を補てんすることもできるのです。また、急な設備投資が必要になった際にも、解約返戻金を利用することができます。

法人保険は役員の退職金や従業員の福利厚生として

法人保険の補償金は、経営者や役員の退職金として利用できます。経営者や役員には、一般の従業員のような法的保護がありません。適切な法人保険に加入しておくことで、景気や業績に関係なく、一定の退職金を得られるようになります。

さらに、法人保険に従業員を加入させておけば、万が一その従業員が亡くなった場合にも、保険からその遺族への補償金を出すことができます。その他にも、補償金は、退職金や医療保障をはじめとした福利厚生費に充てることもできます。

法人保険は解約するタイミングに注意しよう

法人保険は、解約返戻金を受け取ることができるものがありますが、解約タイミングを間違えると大きく損をしてしまうことがあります。一般的に返戻率は、保険に加入した初期のころは、返戻率は低く設定されており、ある一定の時期を過ぎると返戻率が高くなります。そのため早期に解約してしまうと、支払った保険料に対して受け取れる返戻金が極端に少なくなってしまいます。どのタイミングで解約するかということを事前に戦略立てて保険に加入することが大切です。

法人保険|保険の比較・見直しならLIFULL保険比較。

保険の見直し・加入相談だけでなく、保険の基礎知識や家計診断・ライフプラン設計など気軽にご相談ください。保険の選び方やライフイベントも確認して、理想の保険を見つけましょう。